「自助・互助・共助・公助」のお互いの関係性の持つ重要性を理解し、ご本人様のグループホームでの生活を支援します。共同生活での利用者様同志の助け合いはもちろん、今までの馴染みの関係性の継続、地域の方とのつながりを大切にし協力をいただきながら生活を作っていきます。